A.作業者が部門長へ報告し、検査部門と協議の上合否判定を行い、否の場合専用指示書にて再製作を行っております。