• CIG_IMG001

ケーブル内蔵溶接ロボットFD-B6を導入

|コメントは受け付けていません。

この度導入の溶接ロボットは、アームに内蔵するケーブル数を従来製品の2倍に増加させることで、複雑化かつ高度な溶接法であっても、干渉のない使い易い溶接システムを実現しております。 加えて、可搬質量のアップ、高速化、アームのスリム化など、あらゆる基本性能を向上させており、アーク溶接用としてはもちろんのこと、ハンドリング用途としても業界最高レベルの性能となっています。 特に注目すべきは、従来の溶接にくらべ極端にスパッタが少ないという点です。 アーム後方のケーブルの干渉も回避しており、あらゆる形状に対し最適な溶接を実現しております。(ダイヘンホームページより参照) 以下、動画を御覧ください。
続きを読む
  • IMG_2025

全自動小物曲げ加工システムEG-6013ARの導入

|コメントは受け付けていません。

この度、ものづくり補助金の採択を得、小物製品をターゲットとした全自動曲げ加工システムEG-6013ARを導入しました。(平成31年2月12日、取得財産転用決定) 製造現場における安全要求は、急速に高まりを見せています。ベンディングマシンによる曲げ加工も同様で、より安全な作業改善が必要とされています。当社はこの安心安全確立のため設備導入を決定しました。 当社における作業工程の課題は、複雑な形状製品の対応を手作業に頼っている「曲げ工程」がボトルネックになっており、結果として前工程のパンチプレス工程の自動化が活かせない状況にあります。そのため、「複雑な形状に対応した曲げ加工技術の対応」「品質の安定性・安全性の向上」「生産性・効率性の向上、低コスト化」を実現するためには、「曲げ工程」の改善が必要不可欠な課題になっています。 複雑形状の小物加工について生産性向上をはかるため、まずはボトルネックとなっている「曲げ工程」の自動化をはかることです。今回導入予定の全自動板金曲げ加工システムは、データベースから加工対象になる立体面を選択し加工条件を決定すると、ロボット動作が自動で作成されます。よって、ティーチング作業が不要で、どの部所でもプログラムを作成することが可能になります。 また、曲げ作業に最適化した専用ロボットで、これまで加工困難だった複雑形状の小物製品の加工が可能になります。今回の全自動板金曲げ加工システム導入により熟練工に頼ることなく、高速化かつ高精度加工が可能になります。 EG-6013ARは安全性のみならず、高速・高生産性、精密小物曲げ加工、省スペースのコンセプトをもっています。周辺装置の小型化や、後述するロボットによる金型交換の効果も含め、設置スペースは従来の半分以下に削減されています。さらにロボットアームが改善され、ケーブル保護構造により、干渉することなくベンディングマシンの中までロボットアームを挿入することが可能となっています。 これにより、従来に比べワークのつかみ替え回数を半数程度に減少させることが可能となり、加工時間は従来比約20%(最大約40%)程度削減されております。
続きを読む
  • IMG_1035

幹部が変われば会社が変わる! “いい会社を目指すための5ビジョンと4プロジェクトの始動!”

|コメントは受け付けていません。

3月22日から3月23日、一泊二日で幹部合宿を行いました。 講師をMMパートナーズ代表、松下様にお願いしました。 最初に、配布された「持ち味カード」を活用し会社の評価を行いました。経営陣、部門別のチーム編成で会社の実力値の評価を進め、できていること、できていないことがしっかりと整理されました。その後、会社の組織課題の洗出し作業、さらに優先課題について順位づけを行いました。 既に始動しておりますが、会社の成長を期し、2025年へ向け以下の取組を実施して参ります。 2025年に向けたMEPの取組 『5ビジョン』 1.チャレンジ重視の社風 2.人を育てる風土づくり 3.約束を守る 4.対話を深める 5.事業改革 『4プロジェクト』 1.チャレンジ風土作りPJ  2.人を育てる風土作りPJ  3.納期管理仕組み作りPJ  4.社員対話力向上PJ 
続きを読む
  • CIG_IMG003

第3回『働き方改革ワークショップ』開催

|コメントは受け付けていません。

本日、3回目の『働き方改革ワークショップ』を開催いたしました。 1,2回めと同様に秋田労働局様からお越しいただきました。 会議の進め方等、わかりやすい資料も提供していただきありがとうございました。 さて、このワークショップは弊社の改善活動とコラボする形で、ワークショップが無い間も月に一度「カイ活」と銘打って全員参加で行っております。 これまでの経過、今後の活動方針等、各グループからの発表では、発表者からエピソード等も盛り込まれ、非常に内容の濃い発表が多かったように感じました。 『働き方改革ワークショップ』としては今回が最終回となりました。 秋田労働局様、最後まで丁寧なご指導をいただきありがとうございました。 6月には「カイ活」としての発表会を予定しておりますが、このワークショップをステップにワンランクアップした発表会になるのでは!?と大いに期待しております。 本当にありがとうございました。  
続きを読む