社長挨拶

社長肖像

「もの造りのプロを希求する」集団

 「我々はもの造りのプロ集団として、お客様と共に成長し、共に幸せになり、共に社会への貢献を果たす。」この志を胸に、私たちMEPは歩みを続けています。
 当社は1968年に前身の佐藤製作所として創業し、医療施設向けの機器を納入して参りました。2006年7月三井電子株式会社の出資によりグループの製造部門子会社として新たな体制でスタート致しました。創業以来46年間、金属加工にこだわり、技術を追求し、磨き、継承し、現在に至っております。特に2006年以降からは方針を転換して溶接技術者の育成を図り、難易度の高い溶接構造物の製作にチャレンジして参りました。
 溶接技術については、近年各業界のお客様より高い評価を得、認知頂いておりますが、更なる技術の向上に向け、日々精進しております。
 「我々はビジネスパートナーと共に、地域・社会の幸福と繁栄を創りだす事を事業使命とする。」幸大き社員、幸大き会社、幸大き社会、明るい未来の構築にむけ、これからも「もの造りに挑み」、進化し続けるMEPにご期待ください。

経営方針

「経営理念」
我々はもの造りのプロ集団としてお客様と共に成長し共に幸せになり共に社会への貢献を果たす。

「人事理念」
当社は社員の幸せ創りが、お客様満足度に直結するものと考える。

「営業モットー」
スピード・スマート・スマイル

「事業使命」
我々はビジネスパートナーと共に地域・社会の幸福と繁栄を創り出す事を事業使命とする。

「営業理念」
感謝の言葉(ありがとう)を地域・社会へ発信する。

品質方針

「品質理念」
我々は「品質は全てに優先する」をモットーに、「品質第一主義」を掲げる。「品質、納期、コストの継続的改善」により総合品質経営を推進し、「お客様への安心・安全の提供と満足度の向上」を目指す。

「品質目標」
5SM(整理、整頓、清潔、清掃、躾、メンテナンス)の徹底/継続的改善の実施/品質損失費用の低減/顧客満足度の向上
(品質方針実現にむけ、各部門長は上記の諸項目につき改善目標値を掲げ、部門の日々の活動における品質目標として周知徹底し、達成を図る。)