A.一定基準のキズ、錆については作業員が各自で判断いたします。作業員が判断できない場合は部門リーダー及び検査員が良否判定を行い、否の場合は再製作の指示及び不良対策書を添付の上、現場へ再投入いたします。 基本的な対策としては、キズについては緩衝材を用い、サビについては全てではございませんが、防錆剤の塗布等を実施しております。