A.不具合対策書を発行し、各部門全員に内容を確認させ、不良対策を行っております。